生田絵梨花(乃木坂46)は東京音楽大学出身?高校や経歴も総まとめ

人気アイドルグループ乃木坂46の一員として活躍している生田絵梨花さん。

ピアノなど音楽が得意なメンバーとしても知られています。

ここでは生田絵梨花さんの経歴とともに出身の学校までまとめていきたいと思います!

生田絵梨花のプロフィール

  • 名前:生田 絵梨花(いくた えりか)
  • 生年月日:1997年1月22日
  • 年齢:22歳(2019年4月時点)
  • 出生地:ドイツ・デュッセルドルフ
  • 出身地:東京都
  • 身長:160cm
  • 血液型:A型
  • 職業:女優、アイドル
  • ジャンル:映画、舞台、テレビドラマ
  • 事務所:乃木坂46合同会社
 

生田絵梨花の経歴総まとめ

生田絵梨花さんは乃木坂46の中心メンバーの一人で、乃木坂46には2011年8月21日にオーディションに合格して一期生から加入しています。

2012年2月22日に乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューを果たし、乃木坂46としての活動を本格的に開始。

その後、2014年4月20日進学準備の為に9thシングルへの不参加と一時休業することを発表。
芸能活動を一時休業した後は乃木坂46の10thシングル「何度目の青空か?」で芸能活動を再開。

同曲で初めてセンターを務めました。

同時期にはミュージカル『虹のプレリュード』(原作:手塚治虫、天王洲銀河劇場)で舞台初主演も務めています。

出典:エキサイトicon-external-link

以降テレビドラマ出演、ミュージカル出演、乃木坂としての活動など様々な活動をしており、忙しい毎日に。
その人気は凄まじく、最近では2ndソロ写真集『インターミッション』が初版20万部となり、

1909年創業の講談社における女性ソロ写真集として史上最多の初版部数、乃木坂46メンバーのソロ写真集の中でも過去最多初版部数を記録しています。

まさにインフルエンサーではないでしょうか。

ピアノや歌が上手いことで知られる

そんな生田絵梨花さんですがピアノ3歳から始めており、その実力は折り紙付きとも言われています。
乃木坂加入直後の2011年12月には第21回日本クラシック音楽コンクール(日本クラシック音楽協会)のピアノ部門に入選する程の確かな腕前みたいです。

あの音楽プロデューサーの小室哲哉さんやピアニストの高橋多佳子さんからもピアノ演奏を絶賛されています。
さらに、生田絵梨花さんは、驚くことに有名音楽プロデューサーの佐久間正英さんと親戚関係なんだそうです。

佐久間正英さんが今までプロデュースしてきたアーティストはGLAYJUDY AND MARYエレファントカシマシなど大物アーティストばかり。

音楽のDNAというのは決して裏切らないんでしょうね。
ちなみに地上波の番組でJUDY AND MARYの「そばかす」をピアノ演奏したこともあるようです。

素人目から見てもとても上手に感じます。

また、小学生の頃に『アニー』のミュージカルを観賞して以来ミュージカル女優を夢見てきたという生田絵梨花さん。

そのため、ファンの間では歌も乃木坂で一番上手いと言われています。

これを見ると歌もピアノもアイドルの域を超えた存在であることが言えますね。

 

生田絵梨花の学歴は?

生田絵梨花さんといえば、中学校3年生の頃から乃木坂46として活動されています。

そうなってくると気になるのは、出身の学校です。
果たして、どのような学校に通われていたのでしょうか?

生田絵梨花さんの出身中学から大学までまとめてみました。

 

生田絵梨花の中学校:文京区立音羽中学校

生田絵梨花さんの出身中学は文京区立音羽中学校で、2009年4月に入学し、2012年4月に卒業されています。

中学校の定期試験は学年1位学級委員、部活は日本文化部に所属して水彩画を鑑賞したり百人一首をしたりしながら部長を務めていたんだとか。

見本となるような優等生ですよね。
ちなみに中学校の頃の一週間のスケジュールはこのような感じだったそうです。

中学生とは思えぬくらいに相当なハードケジュールですよね。

これを見るとピアノは2日間を占めており、やはり力を入れていたことがわかります。
尚、この学校の卒業生には映画監督の黒澤明さんもいるようです。

人気ある中学校のようで、結構地元では有名なのかもしれませんね。

 

生田絵梨花の高校:東京音楽大学付属高校

生田絵梨花さんの出身高校は東京音楽大学付属高校で、2012年4月に入学し、2015年3月に卒業しています。

2013年11月発売の『実話ナックルズ』にて登校している写真が掲載され、その制服から東京音楽大学付属高校だと判明しました。
東京音楽大学付属高校は日本において最も歴史のある音楽専門高校。
生田絵梨花さんの高校時代は、初めて声優の吹き替えを務めたり、初めてミュージカルの主演を務めたり、初めて尽くしで且つ忙しい時期でした。
中学時代同様にハードスケジュールで睡眠時間が1時間という日もあったんだそう。

その忙しさを表すエピードードとして、少しでも長く寝るために朝は食パンをかじりながら登校していたという話も。

こちらが再現画像のようです。

もはや漫画の世界ですね。

 

生田絵梨花の大学:東京音楽大学

生田絵梨花さんの大学についても調べてみたところ、東京音楽大学・音楽学部・音楽学科・器楽専攻のピアノ科に入学していることが有力です。

2015年4月から入学されています。
東京音楽大学は音楽専門の私立大学では一番古く100年以上の歴史があり、西洋音楽だけではなく東洋音楽民族音楽にも力を入れている学校です。

東京音楽大学付属高校からほとんどの人が内部進学で同大学に進まれるとのこと。
生田絵梨花さん自身も東京音楽大学に入学したことをテレビ番組内で公言されているため間違いはないと思われます。

順調に進級していれば、今年・2019年3月には卒業している予定なので、本人からの報告に期待しましょう。

生田絵梨花に大学中退の噂も

実は、生田絵梨花さんに大学中退の噂も浮上しています。

というのも一部のファンから、2017年の舞台『ロミオ&ジュリエット』の公演あたりから大学に通えなくなって中退を余儀なくされたと噂が立ったことで広まったようです。

出典:AIKRU[アイクル]icon-external-link

終いには大学で友達がいなくなり、「ぼっち」になってしまったのではないかとも言われてしまっています。

友達と遊ぶ時間はないでしょうが、ほとんどが高校からの内部進学者なのでむしろ気心知れた仲間がたくさんいる環境ではないでしょうか。
中退の真相は定かではありませんが、大学進学の準備のために一時休業するくらいですから卒業はされるのではないかと思います。

前述のとおり本人からの報告を待ちましょう。

 

さいごに

以上、生田絵梨花さんの経歴や出身の学校についてでした。

人気もあり非常に幅広く活躍されている方なので、今後もその勢いは止まらそうですね。

引き続き注目していきましょう。