2016年に公開された

アメリカ合衆国の大ヒット
ミュージカル・ロマンティック・コメディ・ドラマ映画「ラ・ラ・ランド」で

監督を務めたデイミアン・チャゼルさんが脚本を務める映画が
2018年に公開予定(ラ・ラ・ランド後初映画)というので

あらすじやキャストなどを詳しく見ていきましょう!

スポンサードリンク

7年越しで映画化!


「ラ・ラ・ランド」の監督を務めたデイミアン・チャゼルさんが
脚本を書いた「The Claim」(原題)が、

ブラックリスト(制作前の優秀脚本リスト)に選出された2010年から、
7年越しで映画化されることがわかりました。

米Deadlineによれば、チャゼル監督はメガホンをとらないという。
今年中に撮影を開始し、18年全米公開を目指すそうです。

「ラ・ラ・ランド」は監督・脚本を務め空前の大ヒットした作品ですから
最新作は見逃せないですね。

アメリカで18年公開というので日本では19年以内には公開されるんではないでしょうか。
スポンサードリンク
 

「The Claim」原題)のストーリーは?


本作は前科のあるシングルファーザーが主人公のスリラー作品

主人公が自身の誘拐された娘を探しだそうと奮闘する一方で、
”その少女は自分たちの子供だ”と主張する謎の夫婦が現れ、

対立するというストーリー。
「ラ・ラ・ランド」とは真逆のスリラー作品(7年越し)ということです。

一見ストーリーは単純そうですがその分どのようになっているのかが
気になるところです。

デイミアン監督がかかわった作品「ラ・ラ・ランド」
「10 クローバーフィールド・レーン」など

予想だにしない展開が多いのでこの作品も自分の予想を裏切ってくれる作品になるのかな。


 

「The Claim」のキャストは?


まだ、正式な発表がないのでわかりません

ただ、同じく2018年公開予定の映画「ファーストマン(原題)」では
「ラ・ラ・ランド」で主演を務めたライアン・ゴズリングさんが出演するみたいなので

「The Claim」も共演経験がある俳優さんや女優さんを起用する可能性もあります。

ゴールデン・グローブ賞で脚本賞受賞している人ですから、
演技派な俳優・女優を起用してくるんじゃないでしょうか。

知名度ある役者も一緒に作品をつくっていきたいと思う人が多いと思いますし。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はデイミアン・チャゼルさんが脚本を務める映画「The Claim」について
書いちゃいました!

どんなキャストでどんな展開になっているのか非常に楽しみです。

早く時間が経たないかな笑

というわけで今回はこの辺にしておきましょうかね。

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

 
スポンサードリンク