2017年5月4日(木)放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」で
犬猿の仲石橋貴明&小木博明仲直り2人旅”をするそうです。

そう言えば、最近同番組で共演するたびに石橋さんは小木さん嫌いな感じ出していますよね~

そこで、今回は2人の最近の不仲エピソード不仲理由について詳しく見ていきましょう!

石橋貴明のプロフィール

名前:石橋 貴明(いしばし たかあき)
生年月日:1961年10月22日
年齢:55歳(2017年5月現在)
出身地:東京都板橋区成増

 

小木博明のプロフィール

名前:小木 博明(おぎ ひろあき
生年月日:1971年8月16日
年齢:45歳(2017年5月現在)
出身地:東京都板橋区ときわ台

 

石橋貴明と小木博明のこれまでの(最近)不仲エピソードをまとめてみた!

不仲とはいっても小木さんは好きです。石橋さんが一方的に小木さんのことが嫌いなんです。

今回はそんな小木さん嫌いがわかるエピソードを振り返っていきましょう!

 

「ファンじゃねえだろ!」と突然激しい言い争い

2016年3月24日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」でとんねるずが一般視聴者の家に突然訪問するという企画を実施。

VTRが終わると小木さんは
小木

とんねるずファンとしてねとんねるずが2人でいることがそれだけでうれしいんです

としみじみコメント。すると、
石橋さんは、
石橋

今日はよくしゃべるな、オマエ

と真顔で噛みつく。
小木さんは
小木

とんねるずファンとして言いたかった

と訴えたものの
石橋さんは
石橋

俺たちのファンじゃねえだろ!

とまた噛みつく。
すると小木さんは
小木

ファンだよ!

とついにタメ口に。
マジ顔になり
小木

ファンだって言ってたじゃん!

と反論すると
石橋さんからは
石橋

どうしてウソつくの、お前は

とウソつき呼ばわりに…
(25:00~)

さすがに波留さんも苦笑いですね笑

スポンサードリンク

小木博明にいきなり強烈ビンタ

2016年9月8日放送の同番組で 「芸能人の道徳心を試すクイズ」というドッキリ企画が放送され小木さんは、石橋さんとともにドッキリを仕掛ける側でした。
ゴルゴさんのドッキリの際、「ロケ場所が遠いため行かない」と理不尽に切れた石橋さん。

現場の空気が悪くなる中、石橋さんはいきなり小木さんにビンタ

ビンタされることを全く聞かされていなかった小木さんはあまりの衝撃にずっとうつむいていました。

これは、さすがに事前に言ってくれと思いますよね笑

実は誕生日会にも呼ばれたことがない・・・

衝撃ですよね笑

番組でたびたび共演しているのに
小木さんは石橋さんの誕生日会に「つまらない」という理由で一度も出席していなんだとか。
一方で、相方である矢作兼さんは、プライベートでも石橋さんの誕生日会に出席したりと
かなり気に入られているそうです。
この差って一体何なんでしょうかね?

嫌われている理由は森山家が原因!

以前同番組のトークダービーのコーナーで小木さんは自身が石橋さんから嫌われている理由について話していました。
小木さんは番組のエグゼクティブ・プロデューサーの石田弘さんが
小木さんに対し、 「小木よぉ、貴明はよぉ、〇〇〇NGなんだよ」 と発言したことを暴露 。
その話を聞いた小木さんは「そりゃハマらないわ。」と納得。

石橋さんも「力技でしたね、小木くんの(トーク)は」とコメント。
オンエアでは誰がNGかはわからないように編集されていたようですが一部の人からは森山家ではないかと言われているそうです。
というのも、石橋さんがMCを務めていた「うたばん」に森山良子さん、森山直太朗さんいずれも出演経験があるのですがトークがうまく噛み合わなかったとか。

直太朗さん出演時にはトータライザーでこの3人(石橋・中居・直太朗)で海外旅行はありか?
という質問が出された時、ボタンを押した人はゼロ

つまり互いに同じ時間を共有したくないと思っているということになります。
石橋さんの「力技でしたね」というコメントも小木さんが自分の家族を自虐ネタに持ってきたからではないでしょうか。
また、結婚前は嫌われキャラじゃなかったのでそこも踏まえるとやはり森山家が原因。

ただ、直太朗さんは同番組に結構出演していますのでそこまで嫌いでもなさそうですが...。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は石橋貴明さんと小木博明さんの不仲(一方的)エピソードをご紹介しました。

たくさんエピソードがありましたが嫌いなら番組にも矢作さんだけ呼びますから
本当に嫌いといういうわけではないでしょう。

本当に嫌いな人と番組は作れませんよね。
何はともあれ5月4日(木)放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」で石橋さんと小木さんは仲が良くなるのか?

注目です!

では、今回はこの辺にしておきましょうかね。

今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

 
スポンサードリンク