2017年7月期のTBS日曜劇場では『ごめん、愛してる』を放送します。

今回のドラマは2004年に韓国で大ヒットした”同名”ラブストーリーのリメイクだそうで
主演を長瀬智也さんが務めることが決定していて注目を集めています。

そこで、今回は『ごめん、愛してる』のあらすじ、キャスト、相関図をまとめてみました!

 

ドラマ『ごめん、愛してる』のあらすじ

幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律(長瀬智也)。底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性・三田凛華(吉岡里帆)を助ける。後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる…。

ある日、律は事件に巻き込まれ頭に致命的なけがを負い、命がいつ尽きるかわからない状態に。せめて最期に親孝行がしたいと実母を探し始めた律は情報を掴み、母親・日向麗子(大竹しのぶ)を探し当てる。しかし律が目にしたのは、貧しさゆえに自分を捨てたと思っていた母親が息子のサトル(坂口健太郎)に溢れんばかりの愛情を注ぐ姿。裕福で幸せそうな二人の様子に愕然とした律は、母親への思慕と憎しみに葛藤する。そんな時、律は凛華と再会する。凛華は幼馴染みであるサトルに思いを寄せていたが、その想いは届かず寂しさを抱えていた…。

これまで誰にも愛されなかった悲運を呪い、それゆえに、愛を求める律。彼が内側に秘める孤独と人としての温かさに触れ、だんだん律に惹かれていく凛華。母の愛を一身に受け陽の当たる道を歩み、律の苦悩を知らずに屈託なく生きるサトル。そして、かつて自分が産んだ子供がそばにいることに気づかずサトルを溺愛する麗子。律─凛華─サトル、そして律─サトル─麗子、二つの三角関係が交差するこの夏一番切ないラブストーリーだ。

主人公が愛し、愛される喜びを初めて知るピュアなラブストーリー。

こういった「愛」というテーマを前面に押し出した作品は、最近あまり無いのでその分期待が高まりますね。

原作は2004年に韓国で放送された大ヒットドラマ!

原作は韓国KBSで制作され各賞を総なめにした作品であの『冬のソナタ』を超える視聴率29.2%を記録。

主演俳優のファッションやセリフを真似る熱血ファンたちが現れたりするなど、社会現象を起こし大ブームとなりました!
そのブームは国内だけではありません。

今回、日本で7月より同作のリメイクした作品を放送しますが実は4か国目のリメイクになるんです。

トルコ→中国→タイ→日本といった順番です。

このようにアジア圏で絶大な人気ドラマを誇るドラマなんです。
また、韓国の原作はDVD化されておりAmazonや楽天のレビューでも絶賛評価されています!
各国で評価されているドラマなので一度観ておきたいものですね。
 

ドラマ『ごめん、愛してる』のキャスト

それでは、現段階で決まっているキャストをご紹介します!

 

岡崎律/主演:長瀬智也

血の気が多くケンカが強いその一方で、愛を求め人間的な温かみをも持つ男。

 

三田凛華/ヒロイン:吉岡里帆

他人のために自分の犠牲をいとわない愛情深い女性。

 

日向サトル/坂口健太郎

元ピアニストの母から英才教育を受けて育ち、卓越した演奏技術とルックスで老若問わず女性に絶大な人気を誇るアイドルピアニスト。

 

日向麗子/大竹しのぶ

元一流ピアニストで現役時代は世界で活躍していたことからプライドが高く周囲を振り回す傾向にある。

サトルに対しては溢れんばかりの愛情を注ぎ甘やかしている。

 

ドラマ『ごめん、愛してる』の相関図

凛華サトル、律サトル麗子の二つの三角関係がどう進展していくのかが気になりますね!

スポンサードリンク

長瀬智也は20年ぶりのラブストーリー!

20年ぶりのラブストーリーになるのですが、これまでやらなかったということは、そこまでラブストーリーに興味がなかったんだと思うんです。「ラブなんか」とちょっと否定していた自分もいたかもしれませんが、今は素直に「自分がラブストーリーと向き合うならどうなるのか」という思いでやりたいです。これまで積み重ねてきたものも踏まえて、自分にしか出来ないキャラクター、ラブストーリーになったらいいんじゃないかなと思います。

これまであまりラブストーリーに携わることがありませんでしたが、30代後半になって“愛”に対して思うことが、20年前とは全然違うと思うんです。今回の役を通してその気持ちを素直に受け取って演じようと思っています。きっと見たことのないラブストーリーになるので、ぜひ期待してみてもらえたらと思います。

と、ドラマの期待が高まるコメントをしています。

歳を重ねるにつれ愛に対して思うことも変わったという長瀬さん。
20年前と現在では捉え方が全然違うようですね。

30代後半を迎えた長瀬さんの視点にははどのような愛が写るのか
そして、その愛をドラマでどのように表現するのか楽しみです!

 

長瀬智也動画コメント


 

今作はネット上でも楽しみにする声が多い!

リメイクというと批判の声もあったりしますが、今作については楽しみという声が相次いでいました。

リメイクですから原作をどのように変えていくのかも気になりますね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は7月期のドラマ「ごめん、愛してる」についてご紹介しました!
韓国のみならずアジア各国でリメイクされている作品なので面白いことは間違いなしでしょう!

長瀬さんはじめ今を時めく吉岡里穂さんや坂口健太郎さん、そしてベテランの大竹しのぶさんと
キャストも豪華ですよね。

どういう感じになるのか楽しみです。

では、今回はこの辺にしておきましょうかね。
今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

 
スポンサードリンク