2017年7月20日スタートしたドラマ『黒革の手帖』にて、武井咲さんの悪女の評価が高いようです。

劇中ではタバコを吸うシーンもあり賛否両論話題にもなっています。
ここでは、歴代の『黒革の手帖』女優との比較話題のタバコシーンを画像とともにまとめていきます!

 

武井咲のプロフィール

出典:GOSSIP速報icon-external-link

  • 名前:武井 咲(たけい えみ)
  • 生年月日:1993年12月25日
  • 出生地:愛知県名古屋市港区
  • 身長:163cm
  • 血液型:A 型
  • 職業:女優、タレント、ファッションモデル
  • 活動期間:2006年 –
  • 事務所:オスカープロモーション
 

武井咲・主演【黒革の手帖】のあらすじ

『黒革の手帖』は松本清張さんの長編小説で、今作を合わせると6回テレビドラマ化されている人気作品。

以下があらすじになります。

東林銀行の真面目な派遣社員・原口元子(武井咲)は、親が背負った借金返済のため、銀座のクラブ「燭台」でホステスとしても働いている。
やがて、借金を完済した元子はある計画を実行。勤めていた銀行から1億8千万円を横領し、その金と借名口座のリストが記された“黒革の手帖”を盾に、銀座の一等地に自身のクラブ「カルネ」をオープンさせる。
銀座のママになってからも、「お勉強させていただきます」を決めゼリフに、腰が低く、身持ちの固い勉強熱心なママとして上客をつかみ、夜の世界でさらにのし上がっていく。
出典:GYAO!icon-external-link

スポンサードリンク

放送前に武井咲で「大丈夫か?」という声も

『黒革の手帖』は前述のとおり6回テレビドラマ化されていて、前作・前前作の主演を務めたのは米倉涼子さんでした。

そのため『黒革の手帖』は米倉涼子さんのイメージが強いことや武井咲さんがクラブママにしては若すぎるため
心配する声も上がっていました。

放送前にこれだけ心配されてしまうとなかなか高評価は難しいですよね…。

 

武井咲の悪女役が高評価!

しかし、放送後のSNSなどを見てみると予想を超え低評価よりも高評価の方が多かったようです。

米倉さんよりも良いという意見もあるくらいハマリ役だったみたいですね。
  • 『黒革の手帖』での武井咲さんの画像

出典:テレビ朝日icon-external-link

確かに悪女っぽいメイクや顔つきだし、

クラブのママの雰囲気もありますので心配されていた点もうまくカバーできているのではないでしょうか。

 

『黒革の手帖』での武井咲さんの動画

  • 『黒革の手帖』での武井咲さんの動画

動画で見ると、より悪女感が伝わりますね。
(素直に怖い笑)

スポンサードリンク

『黒革の手帖』歴代クラブママと比較

では、歴代のクラブママと比較してどうなのかみてきたいと思います。
  • 1982年版『黒革の手帖』/山本陽子さん(当時40歳)

出典:毒女ニュースicon-external-link

  • 1984年版『黒革の手帖』/大谷直子さん(当時34歳)

出典:Imgrumicon-external-link

  • 1996年版『黒革の手帖』/浅野ゆう子さん(当時36歳)

出典:チャンネル銀河icon-external-link

  • 2004、2005年版『黒革の手帖』/米倉涼子さん(当時29~30歳)

出典:テレビ朝日icon-external-link

  • 2017年版『黒革の手帖』/武井咲さん(23歳)

. 『 #黒革の手帖 』このあとすぐ‼️ . #お勉強させていただきます

【公式】『黒革の手帖』テレビ朝日さん(@kurokawatvasahi)がシェアした投稿 –


画像で見比べると、最年少ということもありやはり歴代のママより若く感じられますね。

(山本陽子さんの貫禄がすごい!)
ただ、武井咲さんが一番闇が深そうに感じます。

 

武井咲のタバコシーンが話題に

また、今回劇中で武井咲さん演じるクラブママ原口元子がタバコを吸うシーンがあったのですが、
清純派女優ということもありネット上では賛否両論の声が挙がり話題になっています。

  • 『黒革の手帖』武井咲のタバコを吸う画像

出典:テレビ朝日icon-external-link

僕はかっこよくみえちゃいますね。
ギャップがあっていいし、

最近のドラマではコンプライアンスによってタバコシーンも減っているので、挑戦的なドラマだなとも感じます。
今後の展開を含め非常に気になる夏ドラではないでしょうか。
それでは、今回はこの辺にしておきましょうかね。
今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

 
スポンサードリンク