2017年8月23日、『女性セブン』が、神田うのさんが旦那・西村拓郎さんと夫婦仲良好だが、別居状態で娘と実家生活していることを報じました。

実はこの事について神田うのさんは自らブログで綴っていたこともあるとか。
ここでは、『女性セブン』が報じた内容神田うのさんと西村拓郎さんが歩んできた経歴についてまとめていきたいと思います!

 

神田うののプロフィール

出典:はまれぽicon-external-link

  • 名前:神田 うの(かんだ うの)
  • 生年月日:1975年3月28日
  • 出身地:神奈川県 川崎市
  • 身長:169cm
  • 血液型:O型
  • 職業:モデル・女優・ファッション・デザイナー
  • 活動期間:1989年 –
  • 事務所:スペースクラフト・エンタテインメント
 

西村拓郎のプロフィール

出典:topicks.jpicon-external-link

  • 名前:西村拓郎(にしむら たくろう)
  • 生年月日:1969年12月17日
  • 出身地:東京都
  • 身長:168cm
  • 妻:神田うの
  • 父親:西村昭孝(日拓グループ創業者)
  • 職業:日拓グループ代表取締役社長
  • 活動期間:日拓グループ代表取締役社長(2003年ー)
スポンサードリンク

神田うのと旦那・西村拓郎に別居報道!

2017年8月23日、『女性セブン』が、神田うのさんが旦那である西村拓郎さんと夫婦仲良好だが別居状態で、娘と実家生活していることを報じました。

では、二人に一体何が起こり別居へと繋がったのか?

『女性セブン』が報じた内容をまとめていきます

 

8月上旬、有名バレエ学校の発表会に夫婦で参加

8月上旬、数日間にわたって都内ホールで開かれた有名バレエ学校の発表会

その最終日に、

まばゆいライトを浴びた子供たちと同じぐらい会場で目立っていたのが、ミニ丈の鮮やかな花柄ワンピースと白いハイヒールで美脚を見せつけていた神田うのさんだった。

出典:NEWSポストセブンicon-external-link

かって、黒木瞳さんや君島十和子さんの娘が通っていて、現在は市川海老蔵さんの長女も学ぶ超名門バレエ教室の今年の発表会では、

全国から集まった約1500人の生徒がステージに立ち、その中には神田うのさんの長女の姿もあったそうです。

会場には、西村拓郎さんが先に着いていて、後から神田うのさんと神田うのさんのご両親が合流。
神田うのさんは、長女の出番になると、観客席から身を乗り出すようにしていたかと思えば、ホールの隅で腕組みして見守っていたり、

真剣そのものといった様子だったという。

同じように西村拓郎さんも隣で長女の姿に釘付けだったよう。
夕方、発表会が終わると、神田うのさんは一家で近所の中華料理店へ。仲睦まじい家族の団らんを見せていました。

 

しかし、うのさんが帰ったのは両親が暮らす実家

ところが、食事後、神田うのさんと長女が帰っていったのは両親が暮らす都内の一戸建てで

かたや、旦那・西村拓郎さんが帰っていったのは高級タワーマンションでした。
二人は2017年頭あたりから別居状態になっており、夫婦の知人にとれば

長女が『今度パパにいつ会う~?』なんて口にすることや、

旦那さんが『うのは全然家に帰ってこないからなぁ』と話していたりもするそうです。

 

神田うのと旦那・西村拓郎の歩んできた経歴総まとめ!

そんな、現在別居状態にある夫婦ですが、約10年前の2007年10月に結婚

当初は、結婚式を10回挙げるなど、超セレブ&おしどり夫婦生活が代名詞となっていました。
  • 神田うのと西村拓郎の結婚式画像

出典:モーハワイ☆コムicon-external-link

出典:クチュールナオコicon-external-link

しかし、2011年11月に長女が誕生したことがきっかけで子育て優先の生活に変わっていったみたいです。

 

神田うのは娘への英才教育がすごい!

週刊誌の報道によれば、神田うのさんは自身のお仕事よりも長女の子育てに夢中なんだそうです。

英語を身につけてもらいたいと、名門インターナショナルスクールに通わせていて、バレエのほか、バイオリンの英才教育もやっているそうです。
この夏には長女のバイオリンのためにイタリアまで出かけるという教育熱心ぶり。

レッスンには、ほぞ付き添っており、時にはヘリで長女を送ることも少なくはないようです。

長女の将来のためなら出費を惜しまないのでしょうね。

 

最近では周囲に「2人目も欲しい」と漏らしていた

2016年には、真剣に旦那さんと第二子の相談をしていたようです。

神田うのさんは酒もやめ医者に相談したりと本気で考えていました。
しかし、2017年に入ってからはお酒を再開してしまい、本人の中で区切りがあったようです。

そのあたりから、旦那さんと距離ができ、娘と実家生活を始めるようになったんだとか。

 

子育て優先のため実家生活

しかし、一時期旦那さんと距離ができたものの夫婦仲に亀裂が入った訳ではありません。

実際、2017年GWには家族3人水入らずでヘリコプターに乗って九州旅行に行っています。

本当に夫婦関係が破綻していれば一緒に旅行はできません。
それではなぜ、別居状態なのか?

それは、子供中心の今の生活を送るには、断然実家が楽だからだそうです。
旦那さんは仕事柄、夜遅くに帰宅。

長女との生活の時間が全く合わないし、食事や洗濯を気にするのも大変。
神田うのさんは子づくりのことでも区切りをつけたため、身の回りのことから子育てをサポートしてくれる両親の住む実家からなかなか離れられないそうです。

スポンサードリンク

自身のブログでも別居を綴っていた

また、今年4月、神田うのさんは自身のブログで別居という言葉はありませんが、

旦那さんと別々の家で暮らしていることを綴っていました。

出典:神田うの公式ブログicon-external-link

帰宅は私は娘女の子を預けた実家へ送ってもらい パパラブラブは自分の家へ戻っていく

あいわからず私はその時の都合で 行ったり来たりをしています
手を繋いだ画像も載せていますので、愛は冷え切ってないでしょう。

しかし、こういった形での別居というのもあるんですね。
別居という呼び方より、単身赴任という呼び方の方がしっくりきそうですが…。

 

神田うのに批判の声が相次ぐ

しかし、この報道を受け、ネット上では子育て優先のため実家生活という身勝手な行動に批判の声が相次いでいます。

まぁ~そうなりますよね・・・。
ただ、旦那さんが理解ある方なので、別居とはいえ離婚までには至らなそうですね。
とはいえ、今後も家族の形はこのままでいいのか?

動向が気になるところですね。
それでは、今回はこの辺にしておきましょう。
今日も最後までご覧いただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク