米倉涼子さんが主演を務める10月スタートの木曜21時ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜(5期)』。
ここでは同作のあらすじやキャスト(出演者)とともに、相関図やロケ地についてまでまとめていきたいと思います!

 

ドラマ『ドクターX〜(5期)』のあらすじ

ドラマ『ドクターX〜』は原作本がある作品ではなく脚本家・林誠人さんによる人気シリーズ。

過去4期放送されている同作ですが、前作から1年後を舞台にした最新シリーズ『ドクターX〜(5期)』が10月からスタートします。

以下が、その最新作(5期)のあらすじとなります。

今回の舞台は…

初の女性院長・志村まどか(大地真央)の誕生を経て、 新たな権力争いが渦巻く 日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」。

病院に巣食う権力者たちが 絶対的権力と縦社会で統制された“真っ黒な巨塔”を復活させようと暗躍し、

一度は都落ちした蛭間重勝(西田敏行)も怪しい動きを見せる中、

未知子は“純白のメス”を手に 薄汚れた組織と真っ向から渡り合っていきます!

シリーズ史上初登場となる“ゆとり世代”の若手医師勢や、 未知子にとって“新たな脅威”となる手強き新キャラクターたちも続々と参戦し、

かつてない波乱の様相を呈する最新シリーズ。

“衝撃の結末”が待ち受ける
失敗しない女・大門未知子の気高き戦いがついに始まります――。
出典:ドラマ『ドクターX〜(5期)』公式サイトicon-external-link



 

ドラマ『ドクターX〜(5期)』のキャスト

それでは、現段階で決定しているキャストをご紹介します!

スポンサードリンク

大門 未知子(だいもん・みちこ)/主演・米倉涼子

出典:ドラマ『ドクターX〜(5期)』公式サイトicon-external-link

大学病院の医局に属さず、怪しい医師紹介所「神原名医紹介所」に所属しながら、様々な病院を渡り歩いているフリーランスの外科医。

報酬は桁違いに高いが、外科医としての腕は超一流。自身も自分の腕に絶対の自信を持っている。

口癖は「私、失敗しないので」。

 

西山 直之(にしやま・なおゆき)/永山絢斗

出典:ドラマ『ドクターX〜(5期)』公式サイトicon-external-link

「東帝大学病院」の新米医師。

シングルマザーに育てられ、苦労して医者になった。

医者として…というよりは、患者とのコミュニケーションや先輩医師らとの関係で躓きを感じており、いつもテンションが低め。

 

城之内 博美(じょうのうち・ひろみ)/内田有紀

出典:ドラマ『ドクターX〜(5期)』公式サイトicon-external-link

「神原名医紹介所」に所属しているフリーランスの麻酔科医。1人娘を育てるシングルマザー。

「帝都医科大学付属第三病院」に勤務していた頃に未知子と出会ったことで、フリーに転身した。

未知子のオペをサポートする。

 

海老名 敬(えびな・たかし)/遠藤憲一

出典:ドラマ『ドクターX〜(5期)』公式サイトicon-external-link

「東帝大学病院」の外科副部長。

権力に弱くかっては蛭間に服従。未知子と対立した。

 

原 守(はら・まもる)/鈴木浩介

出典:ドラマ『ドクターX〜(5期)』公式サイトicon-external-link

「東帝大学病院」の外科医。「帝都医科大学付属第三病院」時代、未知子の手術に協力したせいで地方の分院へ転勤。

前副院長・久保東子の指名で「東帝大学病院」に呼び戻された。

若手の教育係を担当。

上司には決して逆らえない。

 

森本 光(もりもと・ひかる)/田中圭

出典:ドラマ『ドクターX〜(5期)』公式サイトicon-external-link

海外修行、地方勤務を経て「東帝大学病院」で働くことになった外科医。

新米医師だった「帝都医科大学付属第三病院」時代に、未知子と出会う。

 

伊東 亮治(いとう・りょうじ)/野村周平

出典:ドラマ『ドクターX〜(5期)』公式サイトicon-external-link

「東帝大学病院」に勤務する、いわゆる“ゆとり世代”の医師。

知識が豊富でほかの若手医師を見下す。

 

有馬 亘(ありま・わたる)/中林大樹

出典:ドラマ『ドクターX〜(5期)』公式サイトicon-external-link

「東帝大学病院」の新米医師。

2年浪人しているため、年齢は上だが“ゆとり世代”の医師・西山直之らとは同期。

 

黒川 慎司(くろかわ・しんじ)/上杉柊平

出典:ドラマ『ドクターX〜(5期)』公式サイトicon-external-link

「東帝大学病院」の新米医師。西山直之らと同じく、いわゆる“ゆとり世代”の医師。

ステータスを求め、花形である医学部を目指した。

 

志村 まどか(しむら・まどか)/大地真央

出典:ドラマ『ドクターX〜(5期)』公式サイトicon-external-link

「東帝大学病院」初の女性院長。
周囲にこびず、清廉な医師を目指す。

実力のある医者なら肩書は関係ないと明言し、未知子をスカウトする。

 

猪又 孝(いのまた・たかし)/陣内孝則

出典:ドラマ『ドクターX〜(5期)』公式サイトicon-external-link

「東帝大学病院」の外科副部長。

声も態度も大きく、ズルイ男。

基本的には男尊女卑で女医を嫌う。

 

神原 晶(かんばら・あきら)/岸部一徳

出典:ドラマ『ドクターX〜(5期)』公式サイトicon-external-link

「神原名医紹介所」の所長。

医師を派遣し大金をせしめるが、未知子への報酬はすずめの涙。

 

鳥井 高(とりい・たかし)/段田安則

出典:ドラマ『ドクターX〜(5期)』公式サイトicon-external-link

「東帝大学病院」の外科副部長。論文と研究を愛するが、口ばかりで手術はド下手。

「帝都医科大学付属第三病院」時代は次期院長の座を狙う野心家だった。

未知子との再会で出世への関心が再び高まる。

 

内神田 景信(うちかんだ・かげのぶ)/草刈正雄

出典:ドラマ『ドクターX〜(5期)』公式サイトicon-external-link

日本医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長。

「東帝大学病院」を権力の一極集中にと企む。

あの蛭間重勝ですら、怖れを抱いている人物。

 

蛭間 重勝(ひるま・しげかつ)/西田敏行

出典:ドラマ『ドクターX〜(5期)』公式サイトicon-external-link

「東帝大学病院・知床分院」の院長。

かっては、「東帝大学病院」の院長だったが失脚。

知床分院に左遷されたことで、一度は隠居を決意。しかし、筋金入りの権力欲は捨て切れず、またしても謀を巡らせ…!?

 

ドラマ『ドクターX〜(5期)』相関図

現在公開されている相関図はこちらになります。
  • ドラマ『ドクターX〜(5期)』相関図

出典:ドラマ『ドクターX〜(5期)』公式サイトicon-external-link

こう見ると、今シーズンからキャスティングされた俳優陣がとても豪華ですよね。

一段とパワーアップした作品になることは間違いないですね。
そして、『ドクターX〜』と言えば手術シーン。

どんな難易度の手術でも最終的には絶対に成功してみせる大門未知子は今シーズンも健在なのか?

気になるところですね。

 

ドラマ『ドクターX〜(5期)』病院ロケ地

そして、『ドクターX〜(5期)』の病院ロケ地についてですが、今回も、「東帝大学病院」が主な舞台となりそうですね。

では、この病院の撮影場所はどこなのか見ていきたいと思います!

 

東帝大学病院(外観):日本工学院専門学校蒲田キャンパス

出典:日本工学院icon-external-link


前作に引き続き今作も、「東帝大学病院」のロケ地となるのは、東京都大田区にある、「日本工学院専門学校の蒲田キャンパス」のようです。

SNS上では9月2日土曜日に、米倉涼子さんの目撃情報があります。

確かに、外観の美しさは日本最高峰の病院にふさわしい感じがしますね。

 

東帝大学病院(内観):千葉大学医学部付属病院

出典:メディカルノートicon-external-link


東帝大学病院内も前作に引き続き「千葉大学医学部付属病院」のようですね。

こちらもSNSなどでキャストの目撃情報が相次いでいます。

東帝大学病院内は吹き抜けの天井が開放的で、病院に来る患者さんがリラックスできるそうですよ。

まさに理想的な内観ですよね。

 

ドラマ『ドクターX〜(5期)』病院以外のロケ地は?

一方で、病院以外のロケ地も判明しているのか調べてみました!
スポンサードリンク

とんかつや「かつ善」

出典:Yahoo!ブログ – Yahoo! JAPANicon-external-link


大門未知子といえば、よく食べる外科医。

美味しそうに食べるシーンは毎回素敵ですよね。

そんな未知子の一面が見られるお店となりそうです。
SNS上で9月5日火曜日に、とんかつや「かつ善」さんで、米倉涼子さんと大地真央さんの目撃情報が多数寄せられていました。

どうやらのれんを「かつ善」⇒「かつ舟」に変えて撮影されていたようですね。

大女優二人がとんかつ屋でフライを食べるシーンは貴重だと思うので必見ですね!

 

最後に

過去の4シリーズすべて20%前後の高視聴率を記録した『ドクターX』。

豪華俳優陣が加わった今シーズンも十分期待ができると言えるでしょう。
それでは、今回はこの辺にしておきましょうかね。
今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 
スポンサードリンク