ラグビーカナダ代表メンバーが釜石で台風ボランティア!ナミビア代表も交流開催

2019年10月13日各紙が台風で中止となったラグビーカナダ代表メンバーが、岩手県釜石市でボランティア活動をしていたことを報じました。

その対戦相手であったナミビア代表のメンバーも同県の宮古市で交流を開催されたそうです。

ここでは報道内容とともに、日本で運動会参加や稲刈りなどカナダ代表の以前からの良き交流や、両チームの台風中止コメントまでまとめます!

ラグビーカナダ代表メンバーが釜石で台風ボランティア活動!

出典:THE ANSWERicon-external-link

2019年10月13日各紙が台風で試合中止となったラグビーカナダ代表メンバー釜石市に残りボランティア活動をしたことを報じました。

記事の内容によれば、
  • ラグビーワールドカップ日本大会で、13日の最終戦・カナダVSナミビアが台風19号の影響で中止となったカナダ代表
  • 無念のB組最下位が決まったが、選手たちは試合予定地の岩手県釜石市に残りボランティア活動をおこなった
  • その様子をラグビーワールドカップ公式SNSが投稿し注目を集めている
とのこと。

 

住宅街に流れ込んだ土砂の除去などをしていた!

台風ボランティアの内容はというと、釜石市内の住宅街に流れ込んだ土砂の除去などをされていたそうです。

以下は、ラグビーワールドカップ公式ツイッターが投稿されたカナダ代表のボランティアの様子がわかる画像です。

出典:Rugby World Cup 2019icon-external-link

他国での被害なのにもかかわらず、これだけ一生懸命にボランティア活動をして頂けていることに感謝しかありませんね。

本当にノーサイドの精神が素晴らしいです。

屈強な男性たちの助けは、釜石市民にとっても頼りとなる存在になったことと思われます。

日本に来てからからラグビーカナダ代表の評判は半端なかった!

出典:ラグビーワールドカップ ツイッターicon-external-link

実は、日本に来てからというものラグビーカナダ代表地域交流や文化体験などに臨む姿勢や対応が称賛されていたみたいです。

では、ラグビーカナダ代表の称賛された地域交流や文化体験にはどのようなものがあったのか?

まとめてみました。

 

稲刈りや焼き鳥職人体験!運動会に飛び入り参加も

ラグビー・ワールドカップ日本大会開催前、山口県の長門市でキャンプを行っていたカナダ代表チーム

9月15日の午後には、「やきとり体験」「稲刈り体験」「青海島観光船巡り」「青海島スキューバダイビング体験」の4つのグループに分かれて、地域交流をされていたようです。
また、一部の選手らは仙崎小学校で開催された運動会にサプライズで登場

大歓声に迎えられた選手らは、急遽、仙崎小学校の3年生、4年生と綱引きで対戦も。

こちらはその対決の画像となります。

出典:長門市ホームページicon-external-link

楽しそうでなりよりですよね。

ラグビーカナダ代表は長門市民の方から「皆さん本当にフレンドリーでした」、と言われるくらいに対応も良かったみたいですよ。

 

日本の文化にも触れている!

また、ラグビーカナダ代表は箸の使い方を習ったり浴衣を着るなど、日本の文化にも触れていました。

大会が始まってからは、チーム内で日本の浴衣が大流行し「浴衣ブーム」も。

左を前にするなど着方には独自性がありますが、かなり愛着をもっていることがわかりますね。

ハチマキや下駄と合わせるなど、斬新ではありますが、外国の方が着るとかっこよくも見えてしまいますね。

 

キャンプ最後のオフには様々な文化体験も

なお、キャンプ中最後のオフとなる9月20日には日本の文化体験を行ったというカナダ代表。

地引き網体験そば打ち体験茶道座禅体験のほか俵山温泉入浴などをおこなったようです。

出典:ツイッターicon-external-link

地引網とかは日本人でも中々体験している人はいないイメージなので、今となっては多くの日本人よりもその知識はありそうですね。

地引き網に参加した選手らは地元の小学生と一緒に体験し、それで捕れた魚を道の駅で調理し、長門の海の幸を堪能されたそう。

ラグビーカナダ代表チームの皆さんの真剣に文化を知ろうとする姿勢が感じられるので、日本人としても非常に嬉しいですね。

 

ナミビア代表も交流を開催していた!

実は、カナダの対戦相手であったナミビア代表も被害にあった市民を元気づけたいとして滞在先の岩手県宮古市でファン交流会を実施されていました。
宮古市の市役所近くで午後2時から、中止となったラグビー教室に参加する予定だった子供や被災者ら約100人を記念写真を撮るなどして励まされたようです。

出典:ツイッターicon-external-link

カナダ代表もナミビア代表も自主的な申し出で、ボランティアをしたというのが素晴らしいですよね。
2チームの支援したいという気持ちを受け付けた、釜石市の山崎国際交流センター長と宮古市教委ラグビーワールドカップ2019推進室の盛合正寛室長は感心しきったそうですよ。

恐らく全国民も感心したのではないでしょうか。

台風中止もすんなりと受け入れていた

カナダ代表もナミビア代表も中止となった際に声明を出されているのですが、どちらも批判せずに事態を受け入れていたようです。

カナダ代表は、インスタグラムで、

残念ではありますが、ナミビア戦中止にまつわる安全上への懸念について、理解しています

と発信。
一方のナミビア代表は、ツイッターで「試合は中止となりました。ナミビアのW杯への旅、そして大会を通じたサポートにありがとうございます」と関係者に感謝も綴りました。

ぜひ、また来ていただきたいものですね。

 

ネット上の反応

ラグビーカナダ代表とナミビア代表のボランティア報道を受けて、ネット上でも感謝のツイートが相次いでいます。

ボランティア活動に力を注いだカナダ代表とナミビア代表。

2チームのこれからの幸運とともに活動にも注目したいところですね。